現実は甘くないし、ゆるくない。

皆様、おはようございます。

この度2月13日に開講しました
【成れる会神戸 斜め上を見上げる会】
代表の長谷川と申します。

これからちょこちょこ投稿させていただきます。
どうぞお見知りおきくださいませ。

さて‥。
成れる会神戸は、先ほどもお伝えしました通り、
1期の第1講目を今週13日に行い、ここから半年間の学びをスタートさせます。
メンバーは6名。
個人事業主、会社員、主婦兼個人事業主と様々ですので
今後どのような化学反応が起こっていくか楽しみです^^

そんな第1講目は新潟からは成れる会のメイン講師である
広岡さんをお呼びして講義を行っていただきました。

この24回の学びを通して、
何を学んでいってもらいたいか、
どういう風になってもらいたいか
成れる会が目指していること、など
会の大枠を話していただきました。

たかが大枠、されど大枠。
大枠とかアウトラインっていうと、軽視されがちなのですが
この大枠では非常に大切なことばかりが凝縮されていて
むしろ、この第1講目こそが肝!といってもおかしくないくらい
大切な事を話してくださります。

その中でも個人的に印象に残っているのが
「現実は甘くもないし、
ゆるくもないよ」
という言葉。

分かっているよ!そんなこと!
という方も多いかもしれないですが
「無理をしなくても稼げるようになる!」とか
「ありのままの自分でいいんだよ」とか
今の時代そういう流れがあったりするので、
そこから見ると真逆の言葉だったりします。

確かに、自分らしくいることって大事です。
無理をするのもよくないです。
それは私自身、1年半前に起業して実感していることです。

でも、「自分が本当にめざすもの、成りたい姿」になるためには
今の自分では到達できない、というのも現実。
(到達していないから、‟めざすもの”なわけですよね)

今のままで目指しているところに到達できるなら
それでいいのですが
それができないのであれば、
やはりそこは超えていかないといけないわけで
そこには多少の頑張りと、
しんどさというのは伴うものだ、
というのも実感しています。

そう。

【現実は甘くないしゆるくもない】んです。

今でこそ、神戸の代表です、なんて言っていますが
これまでしんどいことをひたすら避けて生きていました苦笑
楽しいことを中心にやってきました。
でも、それだけじゃ自分の目指すところには行けない、
ということに気づいて今に至ります。
(だからこそマインドセットが必要、ということも
ようやくわかってきました)

そこは目を背けてはいけないことだよな、と。
講義を聞きながら改めて自分の中で反芻していました。

ただのノウハウではない、
本質を追求していく会なのだ
ということを更に実感してもらえたのか、
1期生からは
「イヤラシイはなし、ちょっとやそっとの稼ぎや
ポッと出のコンサルさんのお話しは全く興味が無いので
今回の広岡さんのお話しを楽しみにしていましたから
本当に良かった!」
「自分にはグサグサ刺さる言葉が沢山ありすぎて
頭が爆発しそうでした」

などなど感想をいただきながらも
総じて【この半年間とっても楽しみです】
とう言葉をいただきました。

ここから学びを通じて、いろんな体験・経験が待っているはず。
楽しいことばかりじゃない、でも、だからこそ
乗り越えたとき、今の自分から
さらにステップアップしているわけで
その繰り返しとなる24回。

それを繰り返した先に待っているのは…
どうなっているか、本当に楽しみです!

1期一同大きく成長していきます!

画像の説明
女性ばかりですがちゃんと男性メンバーもおります^^;

以上、長谷川でした。

コメント


認証コード0919

コメントは管理者の承認後に表示されます。