自社決算月を会での学びから思うこと

347a49e87ef77c7c0a26b5ac647543ce_s[1]

おはようございます!
高槻 前人未到の会 代表 若林久人です。

私は大阪高槻市で保険代理店を経営しています。
今期で7期目で今月が決算月です。

昨日は、弊社顧問税理士の先生に
来社していただき決算直前の
打合せを行ないました。

今期の数字が確定するのは9月末に
なりますが、暫定予想では昨年より
若干の増収増益で落ち着きそうな
感じです。

もちろん確定ではないので油断禁物
今月の残りの期間でどこまで数字を
伸ばせるかにもかかっており、日々
挑戦です。

通年の決算月よりもプレッシャーが
ある感覚です。

今期はスタートからあまりよくなく
紆余曲折を伴いながらの数字の
積み重ねとなりました。

期の途中で、

「今期はマイナスで終わるのか」

弱気の虫が暴れ始めました。

しかし、なんとかここまで修正して
これたのは、会での学びから得た

考え方、行動を整えそして、
愚直に「継続」し続ける。

を実践にいかすことができている
からだと思います。

数字に対する強い意識を持ち
結果に対する強い意識を持ち

最後の1秒まで気を抜かずやり切る
思いがとても大切だと思います。

何としても創業から続いている

「増収増益」

を今期も更新したいと思っています。

達成した自分自身のイメージは強く
持っています。

そして、一瞬ですが安堵感に浸っている
自分自身がそこにいます。

常に考えながら行動する意識を持ち

「結果」

にフォーカスを当てて挑む想い
成れる会で学び、実践の場で
活かされて学び続けています。

気を緩めず全力でまいります。

【成れる会HP】
https://narerukai.jp/

コメント


認証コード5172

コメントは管理者の承認後に表示されます。